用語集

順光

写真撮影を行う場合は、光をどのように当てるかという点も重要になります。光の当たり方によって、被写体のイメージが大きく変わってしまうのです。どのような位置から光を当てるかをきちんと調整していくことで、被写体の持っている魅力を大きく引き出すことが可能になります。照明を担当している人のスキルが重要になる作業です。 たとえば、一般的に用いられる光の当て方としては、順光という方法が挙げられます。被写体となるモデルの真正面から光源を当てていきます。順光によって写真撮影を行う場合には、被写体の顔に直接光が当たらないように気をつける必要があります。まぶしくなってしまうと、目を開けていられなくなり、良い写真を撮影できません。

◎お役立ち情報

モデルや商品などのオブジェクトをモチーフとして撮影する場合、ライティングは写真の印象に大きく影響する要素となります。 光をどの方向から当てるかで、出来上がる写真のイメージは大きく変わり、様々な演出効果を生むことができます。 順光と呼ばれるライティングは、モチーフの正面から光を当てる方法で、均一に対象を明るくする事ができる反面、陰影の強弱がつきにくいので、対象によっては平面的に見えてしまうことも有ります。