用語集

生かす

生かすとは、電源をONにする状態の事を指します。ストロボなどの機材は当然ながら電源をONにしなければ作動しません。だからといって、使わないのに電源をONにしてしまっていては、電気代が莫大にかかります。そのため、撮影現場の下っ端は機材を生かすようにするのも仕事の内です。機材が万全な状態になると、被写体であるモデルの撮影が行われます。下っ端の努力によって撮影現場は成り立っているのです。「ちょっとそこの照明生かしといて」、などの掛け声が聞こえたら下っ端がせこせこと動いている証拠です。そして、もう直ぐ撮影が始まるという合図でもあります。撮影にとって機材は命です。その命を吹き込むのが、下っ端の役割なのです。

◎お役立ち情報

スタジオなどを使用した撮影の現場では、数多くの証明やフラッシュ、またアンブレラなどの機材が混在した状況で撮影を行います。 こういった複数の機材がある場合、そのシーンやカットに応じて必要な機材の電源を入れたり、スタンバイの状態にします。こうした電源を入れる事を、生かすといい、必要な時のみそれぞれの機材を生かすことで、不必要機材を誤って作動させたり、また不慮の誤作動などのミスを防ぐといった効果も有ります。