用語集

消え物

消え物とは撮影のとき使用する飲食物を指します。映画や演劇、テレビの世界でも同様です。広い意味ではタバコやロウソクなど、一度使うと消えてなくなる小道具全般も含みます。 小道具ですから、必ずしも本物を使用する必要はありません。日本酒の代わりに水、赤ワインの代わりにグレープジュースなどが、しばしば用いられます。料理なら巧妙に作られた偽物を使うこともあります。 たいていは小道具係が用意しますが、レストランやホテルとタイアップした撮影の場合は、本物のシェフが用意してくれることもあります。 撮影終了後、消え物はスタッフで分けるのが普通です。ただし長時間ライトを浴び続けた生物は、傷んでいることが多いため、食べるには注意が必要です。

◎お役立ち情報

「消え物」は、1度使うと無くなってしまうもののことを指しますが、写真や映像などの撮影においては、使用することで消耗が始まって二度と使い回しができなくなる道具のことを指します。主に食べ物についてこのように言われることが多いです。 消え物を使った撮影では、スタッフは失敗すること無く、極力短時間で作業を終えることが求められます。特に食べ物をモデル等が口に含まなければならない場合、失敗を繰り返すと出演者がお腹がいっぱいになってしまう可能性があるので注意が必要です。