用語集

宣材

写真撮影に臨む人の多くは、何もしなくても仕事が舞い込んでくるという立場にはありません。積極的に仕事を見つけて、応募していくことが必要になります。仕事に応募する場合は、採用してもらえるように、魅力を売り込んでいく努力をしなければならないのですが、その際には宣伝をするための写真などを用意しなければなりません。仕事を勝ち取るための宣伝に用いる写真などのことを、宣材と呼びます。宣伝材料を省略したもので、写真撮影などの業界に特有の用語の1つです。 宣材として使用されることが多いものとしては、ポートフォリオやコンポジットなどが挙げられます。モデルとしての魅力を売り込むため、過去の実績や写真などを用意します。

◎お役立ち情報

もう一般的になりましたが「宣材(せんざい)」とは宣伝材料の略で、あるもの・ことをPR・確認するための資料のことを指します。タレント・モデルの業界から一般的になった用語で、度々テレビのバラエティ番組でワイプで抜かれたり、紹介のための制止画などに 宣材で使われているプロフィール写真などが使用されます。長く写真を更新していないタレントなどは本当に若いころの写真や痩せている写真などが出てきてびっくりすることもあります。