用語集

完パケ

写真撮影を行っている現場では、特殊な用語が飛び交うことが多いです。業界に特有の用語を用いることによって、指示をスムーズに出すことができます。写真撮影を行う際は、用語の定義をきちんと理解して、スムーズに行動することができるように準備する必要があります。 たとえば、完パケという言葉があります。完全パッケージを省略したもので、写真撮影、編集などの一連の作業を全て終わらせた状態のことを指しています。写真撮影の作業を最後まで完了するには、相当な時間がかかるものです。カメラマン、道具係、被写体となるモデルなど、関係する人々は、できるだけ早く完パケの状態になるように、それぞれが役割を果たしていく必要があります。

◎お役立ち情報

完パケとは、完全パッケージメディアの略で、映像編集や出演モデルの修正などの作業が全て終了している、放送用・販売用のおおもととなるものの事を言います。また別の呼び方ではマスターや完成原版という場合もあります。 さらに完パケの反対の意味の言葉としては、撮影や収録は完全に終了しているが、編集作業などが未完成であるため、おおやけに放送したり販売する事ができないものは素材、または撮影素材という呼び方もします。