用語集

ロングショット

ロングショットとは、被写体を遠くから撮影する事で、もともとは映画用です。 人物の全身以上が入るように背景全体を広く撮影する為、画面に収まる情報量が多く、撮影の舞台や場所となる風景等の概観を捉える事が出来る、客観性が強い表現です。 被写体とカメラの距離は明確ではなく、被写体のいる場所や何をしているか、周りはどのような状況かがわかる距離が適切といわれています。 また、抽象的ではあるが、空間が主役となる為、その気配や空気を表現出来ます。 フルショットも同じ意味で呼ばれる事もあり、人物の全身を撮影する場合に使用され、動きや躍動感の表現、状況の説明をする為に使われます。 撮影の際は、数点撮影しておきたいショットの1つです。

◎お役立ち情報

ロングショットとは被写体、いわばモデルの全身と背景を写すために遠くから撮影することを指します。 これは被写体を小さく写し背景を大きく見せる目的で、よく使われる技法です。そしてこれにより被写体だけでは表現できないものを、背景という形で補う重要な役割を持っています。 ですので、よくよく思い浮かべてみればこういう技法は映画の最後でよく使われているハズです。もしも気になったのなら調べてみるのもいいでしょう。個人的には、表現のよい勉強になると思います。