用語集

レフ

レフとは光を反射させる板のようなもので、レフ板ともいわれています。 撮影する際に使用すると、光が当たる方向からみて被写体の裏側部分にできる影が暗くなり過ぎるのを防ぐ、または影を取り除く効果があります。 被写体をどのようにみせるかによっては、逆にその効果が妨げになる場合もありますが、暗い部分を明るくすることで細部まで写し出すことができますし、顔を撮影する場合には、影のせいで表情が暗くなってしまうのを、華やかな印象にすることが可能になります。 顔のしわを目立たなくさせる効果もありますので、年配のモデルを若々しくみせることもできます。 また、一般的によく使われるのは銀色の板ですが、これを金色に変えることによって、被写体を健康的な肌の色に変化させることが可能です。

◎お役立ち情報

モデルを撮影する際に、光源の方向や、人物であればポーズによっては必要な箇所に光が当たりにくいことがあります。 特に人物の表情などは、明確に意図するとき以外は、適切に光が当たっていないと表情が暗く見えてしまうため、レフ板を使用して補助光を当てるといった方法が取られます。レフは銀色や白色といった光を反射しやすい材質で光を意図する方向に誘導するもので、使用する材質や色によって、光の強弱や面積などを調整することが可能です。