用語集

ランウェイ

ランウェイとは、ファッションショーにおいてモデルが歩くために設置された細長いステージのことです。周りに座席が設けられており、観衆は服の前・横・後姿を余すことなく見る事ができます。その場で一回転すれば事足りるように思われますが、服が揺れたり翻ったりすることで、より一層魅力的に見せることができるのです。また、ショー自体が動きのある華やかなものになります。決まった間隔で次々と様々なデザインの服が登場し、常に動いていることで音楽や照明も合わせやすくなるのです。動きがあることで服と音楽と照明が一体化し、会場全体の雰囲気が盛り上がります。これは、ファッションショーにおいて大変重要なことです。また、単純に歩くだけでなく、服のコンセプトに合わせて歩き方を変えたり、時には踊ったりすることもあります。 最近ではファッションショーやコレクション自体のことをランウェイと呼ぶこともありますが、これは日本だけの傾向です。

◎お役立ち情報

ランウェイとは、ファッションショーなどでモデルさんが歩く舞台の事です。 「ランウェイを歩く」ことはただ「歩く」だけではありません。 プロとして、「魅せる」ことを要求されるので、身長もある程度、そのショーによって(大体、ヒールをはいて170~180㎝程を要求されます)身長の基準値がありそれをクリアし、かつ、ウォーキングなどのレッスンを受けていることが最低条件となってきます。 ショーの内容にによっては、洋服や、靴を強調することも求められますので、肉体的にも細身の方が需要があります。 仕事内容にもよりますが、よりスマートであることが要求されるシビアな現場でもあります。