用語集

フカン

写真を撮影するという特別な作業を行っている現場においては、さまざまな用語・概念をきちんと理解しておくことが求められます。日常生活では用いられることのない用語が出てきたり、日常とは異なる意味が付与されていたりするケースがあります。写真撮影に携わる人々は、きちんと定義を理解して、撮影行為に臨んでいくことが求められています。定義を理解できていないと、出された指示を理解することができず、撮影がスムーズに進まなくなってしまいます。 たとえば、フカンという用語があります。日常では俯瞰という漢字で表現されている用語です。フカンは、日常の用語と同じ定義で用いられているもので、高いところから被写体などを見下ろす形で撮影することです。

◎お役立ち情報

フカン、正しくは「俯瞰」という文字を書きますが、意味としては主に高いところから見下ろすことを言います。 俯瞰風景という言葉を耳にしたことはないでしょうか。直訳としては、見下ろした景色という意味になりますが、よく映画などで使われる技法になります。たとえば、上空で飛んでいるヘリコプターから撮影される景色もこれに当たります。 ここ最近で有名になった竹田城などでは、俯瞰の景色も取りやすいのではないでしょうか。