用語集

バーター

最近はテレビなどでタレントが自虐的に自分をバーターと発言することがあり、聞いたことがある人も結構いるでしょう。 意味は、大物タレントやモデルを使わせてあげる代わりに、新人や売り出したいタレントを抱き合わせで出演させることです。 テレビや映画、ラジオ、雑誌、イベントなどへの出演に対して、タレント事務所では普通によく行われていることで、バーターとして出られることもある意味期待と注目が集まるので、まだ売れていないタレントにとっては知名度を上げる大チャンスです。 大物タレントも、かつて新人の時はこうやって売れてきた人が少なくないです。 また、希望していたタレントが出演できなくなった場合の代役のことをいう場合もあります。

◎お役立ち情報

バーターと言うのは諸説ありますが、束になってかかるというたばから、ターバーの業界用語、ひっくり返すバーターになったと言われています。主演女優の事務所の若手無名タレントを抱き合わせで出演させるということでよく使われ、この人がここに出演する代わりに、うちの一押しタレント使ってくれと言うのが、一部では常識です。また、もともとパイプがあるところだと、優遇してそこの事務所のタレントを使用することも多いです。