用語集

ハイアングル

写真などを撮影する場合、一般の人々が撮影をするのと、プロのカメラマンが撮影をするのとでは、意識していることが異なります。通常は、撮影対象となっている人物や事物、つまり被写体となるものの真正面からカメラを向けて撮影を行います。しかし、本格的な撮影を行う場合は、真正面だけでなく、さまざまな方向から撮影を行っています。 たとえば、モデルとなる人物の身長よりも高い位置から撮影を行う場合があります。身長よりも高い位置のことを、写真撮影に関する専門用語ではハイアングルと呼んでいます。効果的に撮影をするためには、常に真正面から撮影するのではなく、状況に応じて、ハイアングルからの撮影を行うことも大切になるのです。

◎お役立ち情報

モデルなどの人物を撮影する際は、どの方向からカメラを向けるかによって、人物のイメージを大きく変える事が可能です。 正面など、人物と同じ高さから撮影するのは基本の形ですが、これに上下の要素を加えることで、意図的なイメージの表現をすることができます。 ハイアングルと呼ばれるアングルは、人物よりも高い位置から撮影を行う方法で、遠近感によって足が長く見えたり、上目遣いの表情をキュートに捉えることも可能です。しかし、顔が大きく見えてしまうなどの効果もあるため、使用には注意が必要です。