用語集

トップライト 【TOPLIGHT】

写真の撮影を行う際には、さまざまなライトを使用しています。ライトには、複数の種類があるため、適切なものを選択することが必要になります。この選択には、写真撮影に関する深い知識と経験・技術が求められます。技術の高い人によって、適切なライトを選択して、撮影を行っていくことになります。 たとえば、トップライト 【TOPLIGHT】というライトがあります。これは、写真を撮影する際の対象者・対象物、すなわち被写体のほぼ真上の方向から照明を当てていくことを指しています。光の当て方には、他にもいくつかのものがあるため、真上から光を照射することが適切な被写体に対して用いることになります。トップライト 【TOPLIGHT】は、トップともいいます。

◎お役立ち情報

モデルなどの人物を撮影する際、スタジオ内で、屋外の雰囲気を演出するために、様々な照明機材を使用することがあります。特に照明の角度や照射位置によって、画面の印象が大きく影響を受けるため、このライティングは、入念に行う必要があります。 トップライト 【TOPLIGHT】と呼ばれるライティングは、被写体の真上から照明を当てる方法で、太陽光などの自然光に近い印象となります。しかし、顔などに影が落ち、暗くなりやすいため、レフなどを使用した補助光で調整をする必要があります。