用語集

スチール

写真の撮影という作業は、特殊な世界での作業になっているため、ところどころで専門的な用語が使用されています。たとえば、スチールという用語です。一般的な意味とは異なる使用方法なので、撮影に携わっていない人には理解しづらい部分があります。 スチールというのは、写真の撮影ということを意味しています。銀鉛が由来となっています。現代社会においては、写真に関する作業もデジタル化が進んでいて、さまざまな処理をデジタルで行うようになっているのですが、写真の撮影に関しては、デジタルではない状況があります。 さまざまな用語を用いて、特別な作業を進めていくのが、写真撮影という世界の特徴です。モデルになる人も、正確な概念を理解する必要があります。

◎お役立ち情報

モデルが雑誌などの撮影をするときによくスチールという言葉を使用しますが、これは機材のスチールの板を使うというところからきています。もちろん、今では雑誌の撮影の事自体を指す場合もあるので、機材に関係なく一般的に使用されています。素人ではどの角度から写されると綺麗に見せられるか、反射はどれくらいがいいかなどわからないことだらけですが、仕事をしていく上では現場で恥をかかないようにレッスンをして臨むことが多いです。