用語集

クロマキー

写真の撮影は、独特の雰囲気・環境の中で行われていることが多いです。一般的に使用されている用語とは異なる用語が出てきたり、異なる意味で使用されたりするのも、写真撮影という特殊な世界の持っている特長です。 適切な写真撮影を進めていくために、あらかじめブルーバックでの撮影を行っておくことがあります。これは、映像を用いて切り抜いたり、合成したりするための準備です。ブルバックで撮影を行うことを、クロマキーと呼びます。日常的には使用されていない用語・概念です。クロマキーは、スチール、すなわち写真の撮影を行う際には必要のないこととされています。 適切な撮影を行うには、カメラマン、モデルなどが事前の準備を行うことが必要です。

◎お役立ち情報

撮影の手法にクロマキーというものがあります。名前からして何か黒いものを使用するのかと思ったら、青いバックのセットにモデルを立たせて、その背景を別の風景に入れ込む技法のことです。色のクロではなくクロマのキーということだそうです。 何故背景に青い色をするかというと、人間の肌の色と反対側の色が青い色なので、バックに青い色を使用するということだそうです。反対側の色なので、人間の肌の色にフォーカスすると、色を抜きやすいようです。