用語集

カブル

カブルとは、照明や自然光の具合によって写真が赤みがかかったり、青味がかかったりする事を指します。撮影現場では、赤みや青みといったものは、自然などを写すのには適性です。しかし、人を写すのには邪魔なものです。カブってる場合は、ホワイトの照明などで調整しておくなどの必要があります。 モデル業界で限定すれば、「カブリ」は上からかぶる衣装を着る時に、自分のメイクが服に付かないようにする、スカーフの事を指します。スカーフの端と端を結び、三角の帽子型にして顔を覆うようにして使います。カブリをカブルというような使い方をします。メイクは被写体の命です。保護するのは、当然の事であり、重要な役割を果たしているのです。

◎お役立ち情報

モデルと言うと多くの事務所、いわばライバル関係になっている人同士ということがあります。そういう人は基本的にはバッティングしないようにしているのが一般的ですが、イメージがカブルタレントを起用してしまう事は稀にあるようです。カブルというのはイメージが似ている人、コンセプトが同じような人の事を言い、見た目が似ているということにもしばしば使われます。マネージャーは他にどういうタレントがいるかどうかで仕事を拒否することもあります。