用語集

イキ

イキというのは、残すという意味を指します。ただし、この場合は食事を残すというような残すではありません。「アリ」という意味の方の残すです。 例えば、構図に置いて被写体であるモデルの前に邪魔なものがおいてあったとします。ぬいぐるみでもいいですし、椅子でもいいです。それが予想外に被写体とマッチしていた場合、「これはイキじゃないか?」などの表現方法で使います。例えば、被写体の周りに沢山の花を飾るという表現方法で撮影したいと思った場合、この用語は頻繁に使われます。排除するか残すかという選択が沢山迫られるためです。メインである被写体をより美しく見せるのが、カメラマンの仕事です。そのために、アリな物はきちんと残しておく必要があります。

◎お役立ち情報

商品写真など、商業目的の写真では、その商品をモチーフとして、様々なシーンや構図で複数のカットを撮影し、それをクライアントに提案することで、最終的に採用するものを決定しますが、その中で、クライアントの意図から少し離れたものを提案の中に混ぜることも少なく有りません。そうしたイレギュラーの提案でも、現場レベルで採用となることがあり、そうした素材を活かす場合、イキという表現でそのカットを選択肢として残すことを表します。