用語集

より 【寄り】

より 【寄り】とは、文字通り被写体であるモデルに近づいて撮る事を指します。より 【寄り】による作用とは、メインである被写体をより魅力的に見せる効果があります。逆に言うとメインである被写体が魅力的でなければ、寄る事はできません。そのため、現場で「寄り」という言葉が沢山出てくる現場は、メインである被写体により才能があると言えます。メインの顔に寄った場合は、顔が魅力的となります。メインをより美しく全体像を見せるために寄る事もあります。部分的に魅力的な部分に寄る場合は、それだけ部分的にチャームポイントとなる部分があるとされます。寄る事によって見える角度が違ってより魅力的に見えたりします。メインの魅力が試される言葉です。

◎お役立ち情報

モデルのより 【寄り】が欲しいという言葉を使います。これはカメラを近づけるということなので、いわばアップを撮るということです。カメラマンは自分のカメラのズームを駆使して被写体を光の関係を考えながら綺麗に撮ることを目的としています。そのため遮光のパーセンテージを測らせたうえで場所を変えることもあります。外での撮影では、天候次第で寄りができないということもあり、この場合日を改めるという選択肢も考えられます。