用語集

ひき 【引き】

ひき 【引き】とは、寄りの逆です。被写体であるモデルから離れて、周囲の様子も合わせて収める事を指します。離れて全体を入れる効果があります。メインである被写体よりも全体としての写真を重視する場合に使います。また、寄り過ぎた場合に戻る時にも使います。イメージに沿わない場合などにひき 【引き】を使ってカメラマンのイメージに合わせる形で、使われます。こうした技法を使うことによってよりバランスのいい作品に仕上がります。カメラを使う人にとっては簡単に操作できる上、重要なポイントなりますので、現場では頻繁に使われます。引きのいい作品は、全体としてビッグなイメージを持った作品となります。また、引きが強い程、被写体をメインとする作品ではなくなります。

◎お役立ち情報

ひき 【引き】の画がもらいたい。こういう場合は被写体が小さくなります。アップだとモデルのしわやシミが目立ってしまうので、アップにはしないでくれと言う場合もあります。周りの風景との一体感が欲しいので、あえてアップにしないということもあるので、必ずしも悪いことではありません。緊迫感を伝えるためにはひきから少しずつアップにするという手法が用いられ、見ている人に気持ちの変化をもたらせるということもできます。