用語集

せっしゅう

せっしゅうとは、映画やテレビドラマなどで身長差のある俳優やモデル等のツーショットや顔のアップを撮る場合、バランスを整えるために背が低い方を台に立たせることを指します。 元々、この様な手法は古くから行われていましたが、特にハリウッドで「セッシュー」と呼んでいたため日本を始め世界中にこの呼び名が広まりました。 セッシューとは、1920年代からハリウッドで活躍していた日本人俳優、早川雪洲(せっしゅう)に由来しています。アメリカ人女優と比べても背が低かった早川雪洲が二枚目を演出するために踏み台に立って相手と身長を合わせていたことから、「セッシューに踏み台を持って来て」という指示が段々略されて「セッシュー」が踏み台に立たせること及び踏み台自体も指すようになりました。

◎お役立ち情報

せっしゅうとは男女のモデルが並んで撮影するときなどに、身長の高低差がついてしまうこともあるので、台などに乗せて身長を調整し撮影をすることを指します。 撮影した写真を使う用途によってはこのような、身長差があるものは好ましくないという状況の時に、せっしゅうをして高さを揃え用途に合わせた写真を撮影できるようにしっかりと調整をする必要があるのです。 身長差がある時には高低差があることに問題が無いか確認する必要があります。