用語集

ころがし 【転がし】

ころがし 【転がし】とは、照明器具を、フロアーやセットの台の上に、直接置いて使用することを指します。通常は、スタンドを使って固定します。そうした固定した状態でないから、ころがし 【転がし】なのです。技術的な問題ですが、幻想的な写真を生み出す事もあります。モデルを生の姿で引き出すことができる技法です。通常よりも生々しく撮影することができます。また、スタンドの代金がいらないため、撮影費用を節約する事もできます。現在ではグラビア界も切迫しており、撮影費用の削減に試行錯誤をしています。少しでも荷物は少なく、少しでも撮影時間は短い方が、費用が少なくなります。そうした現在の状況に適した技法であるとも言えます。

◎お役立ち情報

写真を撮影する際に使用するスタジオには、様々な光源を演出する照明機材が多数揃っています。スタジオの天井に設置された大型の物から、スタンドを使用して様々な高さや角度から光を当てるものの他、床面に直接設置して使用するころがし 【転がし】と呼ばれるものもあります。この転がしは、主にモデルのした方向からあおる様に光を当てるときに使用するもので、自然光とは逆の方向の光であることから、特殊な光源の効果を演出することが可能です。