用語集

ぎんレフ 【銀レフ】レフ板(ばん) board reflector

ぎんレフ 【銀レフ】レフ板(ばん) board reflectorは、写真撮影の際に被写体の光量不足を補うための道具で、通常は板状のものに反射材を貼ったものが一般的ですが、傘の内側に銀色の反射材を貼ったバウンスアンブレラもレフ板の一種です。これは市販品ばかりでなく、板に白い紙やアルミホイルを貼って手作りする場合もあります。  モデル撮影や商品撮影では、被写体に不自然な陰が出るのを防ぐためにレフ板やストロボなどの補助光を用いるのが一般的です。 しかし、補助光の場合は光量が強すぎてイメージ通りにならない場合があり、バウンスさせたりディフューズさせて光量を減少させる必要があります。これに対して、レフ板は弱くて柔らかな反射光で光量不足を補えるのでプロの現場では必需品ですが、持ち運び可能な小型のものもありアマチュア写真家にも利用されています。  このレフ板の色ですが、しろレフは最も基本的な色で様々な用途に使える万能タイプです。銀レフはしろレフでは光量が足りない時に、金レフは色温度を上げたい時に用いるもので主に人物撮影で使われます。また、反射光を抑えるために使われる黒レフというものもあります。

◎お役立ち情報

モデルにとって切っても切り離せないのが、ぎんレフ 【銀レフ】レフ板(ばん) board reflectorです。撮影の時に光を当てることにより、美白に見せたり、しみやしわを飛ばす効果があるので、雑誌に掲載されるようなときには必須アイテムです。一般的にも使われることがあり、光を当てることできれいに写すように太陽の位置を確認して撮ることもあります。カメラマンにとっては作品の良し悪しが決まるので重要なアイテムです。