用語集

あとピン 【後ピン】

あとピン 【後ピン】とは写真撮影時に実際にピントを合わせたい位置よりも後方、つまり、遠くにピントが合っている状態です。 これは遠近の差が大きい被写体をオートフォーカスでピント合わせした場合に、カメラが撮影者の意図したピント位置よりも後方でピントを合わせてしまうために起こるもので、接写など近景の撮影や、望遠系のレンズを使用した場合に起こり易くなります。  最近のカメラは測距点が多数あるものも登場しており、殆どの場合、撮影者の意図した位置でピントが合うように進化しています。しかし、意図的にピント位置を決めたい時にはオートフォーカスが邪魔になる事があります。そのような場合には、マニュアルフォーカスにするか、または、カメラのフォーカスロック機能を使って目的の位置でピント合わせしてからフレーミングする方法があります。

◎お役立ち情報

写真を撮影する際に、被写体をシャープに見せるためにはピントがきちんと合っているのが大前提ですが、絞りを開放付近にしての撮影や、暗い場所での撮影などではこのピントがずれる場合があります。このピントが後ろ方向にずれることをあとピン 【後ピン】といい、一般的にはミスショットとなりますが、意図的にあえて後ピンを利用することで、メインの被写体をぼかし、その印象をより強調するなどの表現に使用する場合も有ります。