エキストラの役割り

エキストラであれば、簡単にできるのではないか。そのように考えていらっしゃる方も多いようですが、エキストラというのはそのような軽い気持ちでは務まりません。映画やドラマなど、少しだけの出演だしちょっとしたノリとか記念で出演できればいい。それだけでは務まりません。

長い時間拘束をされて、そしてたった少しのシーンだったとしても、たくさんの技術や表情動きなどプロと変わらないような演技を求められることもあります。軽い気持ちで募集に応募してしまっては、後で困る事になります。だからこそ、まずはプロの指導をしっかりと聞き、どのように自分が行動をすればよいかということを事前に学んでおくべきです。

特に将来は俳優になりたいという夢をもっているのならば、礼儀作法からしっかりと勉強すべきです。ここからがスターへの一歩となる場合もあります。些細なきっかけをチャンスに変える事が俳優への道に繋がる可能性があります。本気で勉強したい。そして将来は俳優として羽ばたきたいと考えるならば、まずは事務所にご相談ください。ひとりでどうすればいいのか悩んでいるというのであれば、大いに相談に乗ります。

全力で夢に向かっていきましょう。ひとりではありません。